​専門スキル特別認定制度

専門スキル特別認定制度は、

ITコーディネータ資格の前提となる「専門分野知識」および「実務経験・スキル」を既に保有している高度な専門スキル資格者の方々を対象として、ITコーディネータ試験の一部を免除する制度です。この試験を「専門スキル特別認定試験」と呼びます。本制度の対象となるためには、受験の申込み時点で以下の資格を1つ以上を保有していることが条件となります。

注1)なお、登録をもって資格認定がされるものについては「登録」後に対象となります。

注2)資格保有者は、合格番号又は認定番号を「受験申込時のアンケート」で入力して頂きます。確認のために、対象資格となる資格保有証明書等のご提示(送付)をお願いする場合がありますのでご承知おき下さい。

00 ITC優待プログラム資格者

   NPO法人ITコーディネータ協会

   ※資格条件がありますので必ず詳細を確認ください。

01 公認会計士

   日本公認会計士協会

02 税理士

   日本税理士会連合会 

03 中小企業診断士

   中小企業診断士協会 

04 弁護士

   日本弁護士連合会 

05 弁理士

   日本弁理士会 

06 技術士(経営工学)

07 技術士(情報工学)

08 技術士(総合技術監理)

   公益社団法人日本技術士会

   ※技術士補は対象外  

09 経営品質協議会認定セルフアセッサー

   経営品質協議会 

10 マネジメントコンサルタント(MC)

   公益社団法人全日本能率連盟 

11 経営コンサルタント(日本生産性本部)

   公益財団法人日本生産性本部 

12 医業経営コンサルタント

   社団法人日本医業経営コンサルタント協会 

13 証券アナリスト

   社団法人日本証券アナリスト協会

   ※検定会員補(CCMA)は対象外

14 MBA(経営学修士)及び経営学博士

   経営(管理)学の専門職大学院 

15 MOT(技術経営修士)及び技術経営学博士

   技術経営学の専門職大学院 

16 ITストラテジスト

17 システムア-キテクト

18 プロジェクトマネージャ

19 システム監査技術者

20 ネットワークスペシャリスト

21 データベーススペシャリスト

22 エンベデッドシステムスペシャリスト

23 情報セキュリティスペシャリスト 

24 ITサービスマネージャ

25 ITパスポート(750点以上の合格)

26 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)

   独立行政法人 情報処理推進機構

   旧試験との関係はこちらを参照ください

27 PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)

   PMI本部

   ※ケース研修受講で最大42PDU取得できます。

28 P2M(PMA PMR)

   NPO法人日本プロジェクトマネジメント協会

29 ITILマネージャ

30 ITILエキスパート

   NPO法人ITサービスマネジメントフォーラムジャパン

   ※インターミディエイト,ファウンデーションは対象外 

31 シニアモバイルシステムコンサルタント(SMC)

   MCPC検定事務

   ※モバイルシステム1級/2級,モバイル基礎検定、

    ケータイ実務検定は対象外

32 IoTシステム技術検定(上級)

   ※基礎,中級は対象外

33 ISO9000審査員

   財団法人日本規格協会(JSA)

   ※ISO9000審査員,主任審査員が対象。審査員補は対象外

34 公認内部監査人(CIA)

   社団法人日本内部監査協会 

35 公認情報システム監査人(CISA)

   ISACA Certification Departmen 

36 公認システム監査人

   NPO法人日本システム監査人協会

   ※システム監査人補は対象外

37 ISMS審査員

   財団法人日本規格協会(JSA)

   ※ISMS審査員補は対象外

38 セキュリティ プロフェッショナル認定資格(CISSP)

   International Information Systems Security

   Certification Consortium 

39 公認情報セキュリティ監査人(CAIS)

   NPO法人 日本セキュリティ監査協会

   ※監査人補,アソシエイトは対象外。

40 プライバシーマーク審査員

   一般財団法人日本情報経済社会推進協会

   ※査員補は対象外です。

41 1級販売士

   商工会議所

   ※2級、3級は対象外。

42 社会保険労務士

   全国社会保険労務士会連合会 

43 行政書士

   日本行政書士連合会 

44 CBAP®(Certified Business Analysis Professional™)

   International Institute of Business Analysis(IIBA) 

45 上級ウェブ解析士

   一般社団法人ウェブ解析士協会

   ※初級は対象外

ITC資格優待プログラム

ITC資格優待プログラムとは、中小企業・小規模事業者などを支援する機関に所属し、支援活動を実際に実施している職員の方を対象としたプログラムです。ITコーディネータ資格を取得することによって新たなスキルを獲得し、更に支援活動のレベルアップを図って頂くことを狙いとしています。このプログラムに該当する支援機関職員の方は、所定の申込書をITコーディネータ協会に提出し審査を受けることにより「専門スキル特別認定試験」を受験することができます。

対象者
 

・全国の商工会議所
・全国の商工会
・全国の中小企業団体中央会
・都道府県等中小企業支援センター
・金融機関
・自治体
・独立行政法人 中小企業基盤整備機構

 

優待プログラムの申込み方法

 

以下の申込書ファイルをダウンロードして、必要事項を記入の上、下記メールアドレス宛にお送りください。お申込みには上長の推薦が必要となります。申込書の内容を事務局にて審査のうえ、結果をメールでご回答いたします。審査結果を受領後、試験申込みサイトより「受験予約」をしてください。

​⇒ 申請ファイルはこちらから

⇒ 優待プログラムお申込みはこちら:itcshiken@itc.or.jp

​知識試験とは

知識試験は、ITコーディネータ資格者が、資格更新条件である年間の実践力ポイント不足を補うための試験です。また資格失効者(資格失効年度を含む 4 年度以内)が資格者に復帰する場合も知識試験の合格により復帰が可能となります。知識試験は、資格取得者を対象として実施する「ITコーディネータ試験」を受験することになります。なお、専門スキル資格をお持ちの方は「専門スキル特別認定試験」を受験することができます。

ITコーディネータの方のポイント対策のための知識試験合格のポイント付与

・合格日の翌月末までに、ITC協会から10ポイントを付与いたします。

・3月試験のポイント付与は、3月末迄にITC協会から10ポイントを付与いたします。

試験ページはこちらから⇒

資格失効者の方の知識試験合格による復帰手続き

・ITコーディネータの資格復帰申請手続きを行ってください。

復帰申請はこちらから⇒